脇脱毛で起きるトラブル

毛を取り除くことを「脱毛」といいます。
いろいろな方法があり、それぞれメリットもありますが、トラブルも多くなります。
とくにワキの除毛は、季節によって頻度が多くなったり、毛の質が太かったり、毛の流れがバラバラだったりして、実はとても難しい脱毛といえます。

脱毛には、大きく分けて「剃る」と「抜く」の2通りがあります。
それぞれ一長一短ありますが、毛を抜くことの方が皮膚に大きな負担をかけます。
確かに、剃るよりも見た目にスッキリしますし、次の毛がなかなか生えてこないという点では、人気があるのですが、肌への負担は大きくなります。
それは、抜いた時の痛みでもわかると思います。

抜くということは、皮膚の一部を引きちぎることになるからです。
毛は毛根にある毛母細胞で作られながら上へ伸びていきます。
毛母細胞には血管から酸素と栄養が送られて、細胞分裂を繰り返しています。

つまり、毛根の部分では、毛は生きているのです。
成長期の毛を抜くというのは、この生きた細胞を引き抜くということになります。
ですから当然痛いですし、血も出ます。
血が出ているのが見えなくても、毛穴の奥では多少出血しているのです。

毛穴の中には菌が充満しているので、裂かれて部分から皮膚の中へ菌が侵入していきます。
すると、毛嚢炎や、炎症性色素沈着、埋没毛などになってしまいます。
ワキは特に柔らかく、ナイーブな場所です。

刺激を与えることで、色素沈着を起こしてしまい、ノースリーブや水着が着れなくなってしまう危険性もあるので、無理に抜かない方がいいでしょう。